室内だって可愛く撮れるんです


の 三宅あかね です。

ママだからこそ出会える一瞬を

切り撮って飾ろう♪


飾った写真は子どもの心へ届く。

カメラは 「 育児 」 しながら


「 楽しい 」を叶えてくれる。



みなさんどんなGW


先日の「シャボン玉×子ども撮り」

を開催しましたよ。

お天気は残念ながら小雨🌂


場所を変更して[ふれあい教室あそ坊]

のかおり先生宅の中庭🍃


それが功を奏して・・・

風入ってこず、

シャボン玉が飛んで逃げずに

ふわぁ~んと漂ってくれる!!

構える角度は皆さんバッチリ👍

角度ができてたら、

可愛い子ども写真7割クリアです!!


後は、

シャボン玉をぼかす方法や

シャボン玉の中に子どもが

いるときの撮影方法、

光の入り方で変わるシャボン玉

などなどお伝えしたら・・・


ママさん達、あっという間に

シャッターが止まらなく

なっちゃいました(ᕑᗢूᓫ∗)📸


それが上記の写真たちです✨

私自身も久しぶりにシャボン玉に

綺麗な色とその中でじっくりと

遊んでくれる子どもたちに

癒されました。



☆━━━━━━━━━☆


それでは、

『室内で可愛く撮るコツ』




家の中で撮る時の最適な場所・・・

それは。


窓 際

小さな子なら、カーテンだけで

遊んでくれるでしょう。


女の子なら窓辺でお絵かき、

おままごと、折り紙、

粘土、絵本、あやとり

要は子どもが楽しんでいれば、

何でもいいのです(笑)

窓辺撮りの大事なワンポイント

レースのカーテンを

閉めておきましょう!



なぜかというと・・・

光が柔らかくなるからです☀



撮影には自然光が一番✨

とも言いますが、

やはり直射日光が差し込んでは、

可愛い子供でも表情が

きつくなってしまいます💦



レースのカーテンを1枚引き、

その前で撮ってみましょう



👇窓辺でなく、

近い場所でもご覧のとおり、

とっても柔らか💛


赤ちゃんは、

白のおくるみやバスタオルで

包んであげる事で

更にや柔らかさUP⤴

お肌もとってもきれいに

写りますよ✨


上記の写真2枚共、

逆光写真なのです。


これが更に柔らかく撮れる

ポイントです!


この逆光撮りのコツについては、

また次回更新していきますね♪



まずは、今日のレースカーテン前での

撮影をトライしてみてくださいね!


曇りの日がBESTです✨




野外カメラ教室


◆5/2(日)「シャボン玉×子ども撮り」


◆5/14(金)「運動会撮りレッスン」

残席1



◆教室予約はコチラ https://www.mamacamera.store/request

◆週1回LINEで

教室案内・撮り方のコツ・ユーザーママさんのお写真

・私たちが撮った写真などを配信しています。


お友達追加は👇LINEボタンより


◆Instagramはコチラ>>

◆これまでのカメラ教室内容はコチラ>>