先輩カメラママの持ってて絶対損しないマストレンズ✨

「ママと子どものためのカメラ教室」

の 三宅あかね です。

ママだからこそ出会える一瞬を

切り撮って飾ろう♪

飾った写真は子どもの心へ届く。

カメラは 「 育児 」 しながら


「 楽しい 」を叶えてくれる。



小学生組は短い夏休みでしたが、

思い出になる1枚は撮れましたか~?

カメラママさん達から頂いた可愛い

娘ちゃんの夏休み🌻をご紹介しますね。

コチラのママさん達、本当にUちゃんの

可愛い表情を捉えるのが得意なんです!

私もどんな声掛けされてるのか

聞いてみたいくらいです✨



見てて本当に楽しくなる写真たち💛

みなさんの写真もぜひLINEから

見せて下さいね~♪

Uちゃんママさん👆もお持ちのマストレンズ✨

カメラママなら絶対欲しくなるレンズ

そして、最終的に行きつくレンズ

それは・・・

『単焦点レンズ』

耳にしたことあるママも多いと思います。

単焦点レンズの良いところ

兎に角ボケる!!!

子ども以外がボケるから

プロが撮ったみたいに子どもが

浮き出るんです。

そして、スマホでは敵わない

花火だって誕生日ケーキのろうそく吹き消す瞬間だって

撮れる!!



だからママにとってマストアイテムは

この単焦点レンズ✨

レンズには、大きく3つに分けて

望遠レンズ・広角レン・単焦点レンズ

があります。

その中の単焦点レンズでもさらに

枝分かれがあります。

「え・・・(*_*;

じゃぁいったいどれが撮りやすいの?」

そうなんです。

レンズって数が沢山あって、迷うのですが

選ぶコツはココを基準にしてみて下さい。

『子どもとの距離間』

どのレンズにも、

被写体に近寄れる最短撮影距離

というものがあります。 それを超えて近寄ってしまうと

ピントが合わずにボケてしまいます。



この距離をどこから図るかというと、

カメラのイメージセンサーがある👇の場所から。

この距離ができるだけ短い方が

子どもに寄れるという事になります。

もう一つは焦点距離

(👆難しい言葉はスルーしてね)

これは、子どもをどれくらいの大きさで

撮りたいか?

同じ距離から撮ったとして、

レンズの型番にある「SEL〇〇F△△」の

〇〇の数字が大きいほど、

子どもが大きく写ります。







いつもそばにいる(0歳~) べったりちゃん👶

①SEL35F18F 👛売れ筋No.3


メーカー希望小売価格87,000円+税 (👆当店価格はもう少しサービスできるよ☺)

35mmだからα6000シリーズで撮ると

見たままが残せるから撮りやすい!

さらに最短撮影距離は22cm!

レンズの端っこから子どもまでの距離は

パパの握りこぶし1個分くらい✨

子どものパーツ撮りも楽々できる♪




②SEL35F18 👛売れ筋No.1✨


メーカー希望小売価格53,000円+税

(当店価格はもう少しサービスできるよ)

これも同じく35mmと撮りやすい!


近寄れるのは、レンズの端から約25cm。


撮りやすく価格も良心的☺



目の届く範囲にいる(3~6歳) 幼少期さん✩

成長と共に少し距離を取れるようになって

撮る写真の種類も増えてきますね♪

そんな子どもをお持ちのママには・・・


③SEL50F18  👛売れ筋No.2✨

希望小売価格35,000円+税

(👆当店価格はもう少しサービスできるよ☺)

お値段も嬉しいこちら✨

最短撮影距離は40cmで未就学児さん

向けの距離感!

50mmなので少し離れたところから

でも背景ボケもばっちり撮る事ができる!













いつの間にかいなくなる 冒険家タイプ✵(6歳~)

冒険家タイプの場合、母は命の危険が無いか

見守るのみですね(^^;そんなママには


SEL85F18

希望小売価格74,000円+税

なんと85mm👀‼

子どもと距離があいたとしても大丈夫!

特にママの周りでじっとしていない子

におススメ!

最短撮影距離は80cmなので、

少し離れたところから撮っても

しっかり背景がボケるんです!





マストレンズのまとめ

①赤ちゃんには近寄れるレンズがおススメ

②幼少期さんには、35mm~50mm

 の少し距離があってもボケるレンズ

③子どもとの距離間が空いてくると


 〇〇mmの数字が大きいものを


この単焦点レンズ、私も持った当初は


虜になりました💛 とにかく簡単に最高の写真が撮れる! その撮れた写真を自慢げに子どもに


見せると子どももニヤニヤと


喜んでくれる。


飾ると子どもは尚嬉しい!


親も子どもも楽しめるレンズと


言ってもいいくらい。


だから、いつか手にして欲しい。



◆「ママと子どものためのカメラ教室」公式HPはコチラ

https://www.mamacamera.store/

◆教室予約はコチラ https://www.mamacamera.store/request

◆週1回ラインで

教室案内・撮り方のコツ・ユーザーママさんのお写真

・私たちが撮った写真などを配信しています。

↓↓↓こちらからお友達追加できます♪



◆Instagramはコチラ>>

◆これまでのカメラ教室内容はコチラ>>