逆光撮りのコツとワンステップアップ


の 三宅あかね です。

ママだからこそ出会える一瞬を

切り撮って飾ろう♪


飾った写真は子どもの心へ届く。

カメラは 「 育児 」 しながら


「 楽しい 」を叶えてくれる。




本日FM山口のmadapanaさん

にてラジオ出演させて頂きました📻


お話ししてきた内容は

〝スマホで撮る運動会〟



今年は、運動会が

延期になった学校も多いですね。


その時までに練習兼ねて

カメラで撮影される方にも

お役に立てる内容となっいるので

聞いてみてくださいね!


今日から1週間はradikoから

聞けますよ~♪



⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰


前回は、室内で子どもを

可愛く撮る方法として

窓際のレースカーテンの前での

撮影方法のコツをお伝えしました。

(前回ブログ)



その場合、お勧めの

ママの立ち位置は、


ママ📸→子ども→レース→窓


の順でしたね。


その場合の光の当たり方は・・・

〝逆光〟ですね。


この逆光を利用して

上手く撮るコツ


それは、\DRO機能/


このDRO機能は、このブログでも

何度も登場している機能です。


逆光の場合、

子どもの背後から光が

ふわぁ~と包み込む感じなので、

ほぼ100%顔が暗くなります。


それを解消してくれるのが、

このDROです。




<操作手順>


Fnボタン

 ↓

DRO AUTO

 ↓

コントロールホイール右左を

押してレベル調整





(DRO AUTO)



(DRO Lv5)



この2枚の写真の違いを

見てもわかりますが、

背景の明るさはそのままで

ライオン君の表情だけが

レベルを上げることによって

明るくなっています。


つまり、逆光によって

暗くなりがちな、子どもの

「顔」だけを明るく撮影

してくれるのです!




ここで、

ワンステップアップ(人❛ᴗ❛)♪


逆光を室内ではなく

屋外で撮影したら・・・


一言でいうと、

すご~~く幻想的に撮れます。

それだけでなく

虹のわっか(ゴースト)が見えますか?

このゴーストがあることで

ノスタルジックな記憶の中

ような印象も受けます。


逆光撮りに慣れたら

少し遊んでみてくださいね!




<ゴーストの作り方>


撮影する時、端の方に

強い太陽光を入れるだけ!




※この撮影方法は、太陽光が

レンズを通してセンサーに

入るのであまり長時間は

おススメしません。

お気を付けくださいね。




雨の日でもレースの前で

DRO機能を使って

逆光撮りで天使のように

撮ってみましょう♪


意外と簡単に撮れますよ📸



野外カメラ教室


◆5/2(日)「シャボン玉×子ども撮り」


◆5/14(金)「運動会撮りレッスン」


◆6/14(月)「あじさい寺でウォークラリー×子ども撮り」


◆5/14(金)あじさい寺でウォークラリー×子ども撮り」




◆教室予約はコチラ https://www.mamacamera.store/request

◆週1回LINEで

教室案内・撮り方のコツ・ユーザーママさんのお写真

・私たちが撮った写真などを配信しています。


お友達追加は👇LINEボタンより


◆Instagramはコチラ>>

◆これまでのカメラ教室内容はコチラ>>