背景を広く入れる?入れない?

「ママと子どものためのカメラ教室」

の 三宅あかね です。

ママだからこそ出会える一瞬を

切り撮って飾ろう♪

飾った写真は子どもの心へ届く。

カメラは 「 育児 」 しながら


「 楽しい 」を叶えてくれる。



先週といえば、

子どもは嬉しい積雪の1週間でしたね❄

防府市以外・・・(^^;

先週お伝えした、雪×子ども撮影は

露出+0.7くらいでとお伝えしていましたが、

ごめんなさい😓💦

光の入り方にによっては、

+1.3~2.0近くまで上げても

良いくらいでした(^-^;

我が家は徳地へ遊びに行ってきました~



ここ山口県は、自然豊かな場所なので

少し車を走らせれば

すぐに景色の広がる場所へ

行けるのが嬉しいですね🚙⛺

そんな時・・・


━━━━━━━━━━━━ どんなレンズを選びますか? ━━━━━━━━━━━━

この日私が持って行ったのは、2つ📷

●広角ズームレンズ(ズーム調整可)

●標準の単焦点レンズ(ズーム調整不可)

広角ズームレンズで撮ったのは

こんな感じ。

(画角はまた後で)



標準単焦点レンズはこんな感じ。



この2枚の写真の違い・・・

それは・・・

『子どもの背景の広さ』




━━━━━━━━━━━━━━ レンズは大きく3つに分けると ━━━━━━━━━━━━━━


●標準レンズ

●広角レンズ

●望遠レンズ

写っている範囲(画角)は

見た目に近い = 標準レンズ

見た目より広い = 広角レンズ

見た目より狭い= 望遠レンズ



ということは・・・

背景(子供以外の景色)まで

しっかり写したいときは

『広角レンズ』



子供中心に撮りたいときは、

『標準レンズ』



が撮影しやすいということになりますね❣

━━━━━━━━━━━━━━ どれくらいが標準でどこから広角?

━━━━━━━━━━━━━━ 確認する数字はココ↓



ほとんどのママ向けカメラは

APS-C機が多いですが、

わからない方はメーカーサイトで

検索してみてくださいね♪

(APS-Cかフルサイズの記載)

SONYで言えば・・・ α6000/α6100/α6400をお持ちの方は、

35mm前後が標準レンズ


20mm以下が広角レンズ

α7シリーズをお持ちの方は、

50mm前後が標準レンズ

35mm以下が広角レンズ

レンズを選ぶとき

撮りたい被写体をどう写したい?

とお出かけ前に少し考えてみてくださいね♪

当店ではレンズレンタルもしておりますので

お気軽にお問合せ下さいね♪


◆1/27(水) 残席あと少し・・・





◆2/5(金) まだお席に余裕あります♪


◆教室予約はコチラ https://www.mamacamera.store/request

◆週1回LINEで

教室案内・撮り方のコツ・ユーザーママさんのお写真

・私たちが撮った写真などを配信しています。


お友達追加は👇LINEボタンより


◆Instagramはコチラ>>

◆これまでのカメラ教室内容はコチラ>>