“発表会撮り”のコツ

「ママと子どものためのカメラ教室」

の 三宅あかね です。

ママだからこそ出会える一瞬を

切り撮って飾ろう♪

飾った写真は子どもの心へ届く。

カメラは 「 育児 」 しながら


「 楽しい 」を叶えてくれる。




⁑先週の初級レッスン⁑

とっても人懐っこく優しい女の子でした♥

オママゴトでたくさんお料理を作ってくれて

ありがとう(*^^*)



👆バースデーブック作りでは

今の子どものサイズを手形と写真で残します。

出来上がった後はこうしてママと

“あなた”についてお話♥

世界で一つの自分が主役の絵本を

優しく語ってくれるママ。。。

子どもが1番満たされる瞬間かもしれませんね。



ご参加下さったママさん

バースデーブック作りのご指導頂いた

“ふれあい教室あそ坊” かおりさん

ありがとうございました❣

また、ふれあい教室あそ坊様とは

🍀4月 イースター遊び×子ども撮り

🍀5月 シャボン玉遊び×子ども撮り

を企画しておりますので、

詳細は下記イベント欄にてご覧くださいね❣

✽.。.:*·゚ ✽.。.:*·゚ ✽.。.:*·゚

こんな世の中でも、園の先生方は

全力で子どもたちに関わってくださり

発表会も開催してくれる園が多いですね。

当店では、望遠レンズのレンタルが

毎週続いているところです。

(当店カメラご購入ママにはご安心サポートが無料でついてきます。詳細)

発表会って子どもが沢山いて

撮り辛い

ピントが合わない

変な色になる

(´;︵;`)

というお悩み良く聞きます。

\発表会撮りのコツ📷/

すでに発表会が終わってしまったママさん

本当にごめんなさい(;´༎ຶ۝༎ຶ`)

も少し早く取り上げるべきだったと

猛省しているところです💦

望遠レンズで動く子どもを追うのは

結構至難の業。。。



🍀ピント合わせ フォーカスモードは“AF-C” ━━━━━━━━━━━━━

Fnボタンから「フォーカスモード」を選択


👇


この中の「AF-C」を選びましょう。


「AF-C」これは、動く被写体に

シャッターボタンを班押しするだけで

ピントを合わせ続けてくれます!

🍀色味合わせ “電球マーク” ━━━━━━━

ステージは暖色系のスポットライトが

よく見られます。

その場合いつもの設定のままとってしまうと

お顔がオレンジに・・・

Fnボタンから「ホワイトバランス」を選択

下図では、AWBの部分


その中の「💡」マークを選択

それでもなんか変だな~と感じる場合は

カメラにお任せのAWBを選択しましょう!

🍀1番大事なのは練習 ━━━━━━━━━━━━━ 我が子の番が来るまで、他の子で

練習あるのみです!!(۶•̀Д•́)۶

動く子どもや全体を撮ってみたり

ドアップで撮ってみたり

兎に角練習❣

これは、他の行事でもいえる事ですが、

我が子の本番までは徒競走でも

ピアノの発表会でも

試合や個人発表会、なんでも同じです。


子どもが日々頑張った成果を

見てもらえる日というのは、

きっとこども自身今までで一番

いいところを見せようと張り切って

いることと思います。

どんな結果であれ「よく頑張ったね」と

発表後迎えてあげたいですね。





◆教室予約はコチラ https://www.mamacamera.store/request

◆週1回LINEで

教室案内・撮り方のコツ・ユーザーママさんのお写真

・私たちが撮った写真などを配信しています。


お友達追加は👇LINEボタンより


◆Instagramはコチラ>>

◆これまでのカメラ教室内容はコチラ>>


  • Facebook
  • Instagram