泣いてる顔は今だけ

「ママと子どものためのカメラ教室」


の 三宅あかね です。


子育て中のママへカメラを使って


『楽しい♪』って感じる時間を


作ってもらうための応援をしています。


カメラは「育児」しながら


「楽しい」を叶えてくれる。


夏はとっくに始まっているのに


なかなかお天気に恵まれないですね


思いっきり体を動かして遊べない子どもも


だんだん不機嫌に・・・

そんな負のスパイラルにはまる事も

ありますよね(;´∀`)


そうなるとこちらとしても

だんだん余裕もなくなってきて


イライラ・・・(-.-)

でも、一呼吸して、

家のお掃除も食事の支度も

洗濯も一旦放り出してみると、


意外とどうにかなる(*^^*)

(我が家も度々ママ休憩あります)


イライラしたまま家事をしたって


すっとイライラしまま(*_*;


そんな時こそ、


『カメラ』でちょこっと休憩

子どもの泣き顔って


じっくりと見てみると、


くっしゃくしゃで泣いているんです(笑)


子どもが泣いちゃうと


なぜ泣いているのか?に意識が向きます。

でも、大抵大したことはありませんよね(笑)

だから、こうやってママ達はカメラを向けて

シャッターを切っているのです(≧▽≦)

でも、泣き顔ってどうやって撮るの?

ただ、子どもが泣き出したからといって


カメラを向ける?

乳幼児期ならまだしも、3才~くらいは


カメラを向けると、良い気はしませんね

泣いたら、まずは同調して


など、泣いている理由に対して


同調してあげると、


子どもの気持ちを逆上せず済みます。



「泣き顔」の後ろはうっすらボカす

<単焦点レンズの場合>

Aモード

(絞りF値調整)は最小数値

に設定しましょう。

<ズーム機能のあるレンズ>

単焦点の設定+レンズをズーム(望遠側)

しましょう。

調整で変わるレンズ構造はコチラを

参考にしてくださいね。

(どこまでボカしたい?ボカしたくない?



👆これは、先日アジサイを撮りに

阿弥陀寺に行って来た時、


手水舎で手を洗った後に


こけてしまった時の1コマ。

沢山の人がいる中で、大声で泣きました。

幸いおばあちゃんも一緒だったので


お手当をしてもらいすぐ泣き止みました。


背景がわかる位が、後から見た時に


思い出の一枚にしやすいですね。


「泣き顔」のまとめ

①まずは泣いている理由に同調

②Aモードでうっすらボカす

自粛生活もちょっとした楽しみを見つけながら

短い夏休みも子どもと一緒に

楽しんじゃいましょう~♬


👇こんなフォトコンを見つけたので

お子様の写真を応募して見られてはいかがですか?

フォトコン内容はコチラ>>


◆週1回ラインで

教室案内・撮り方のコツ・ユーザーママさんのお写真

・私たちが撮った写真などを配信しています。

↓↓↓こちらからお友達追加できます♪


◆Instagramはコチラ>>


◆これまでのカメラ教室内容はコチラ>>

  • Facebook
  • Instagram