“桜×子ども撮り3つのコツ”3回シリーズ最終回

「ママと子どものためのカメラ教室」

の 三宅あかね です。

ママだからこそ出会える一瞬を

切り撮って飾ろう♪

飾った写真は子どもの心へ届く。

カメラは 「 育児 」 しながら


「 楽しい 」を叶えてくれる。




先日「ママと子どものためのカメラ教室」

公式LINEでお伝えしました、

桜×子ども撮りを

しやすいスポットはコチラです👇

(現在は葉桜状態(;´∀`))

“新築地緑地・海が見える花の園”

ココが満開だよ~ お勧めスポットはココ!など

ありましたらお教えくださいませ🌸

それでは、

前回のおさらいから٩(ˊᗜˋ*)و

🌸①子どもの肩下から構える

でしたね!


そうすることで、

しっかりお顔が入り

背景が桜色になりますね!





🌸②色設定

カメラ教室では、

色の設定をする順番は

1、露出

2、ホワイトバランス

3、クリエイティブスタイル

で操作してもらっています。

桜と子ども撮りに最適な設定は・・・

露出とホワイトバランスは、




その時の光の強さと

どんな雰囲気で撮りたいかで

調整してもらっていいと思います。

ですが、

クリエイティブスタイルは

“ポートレート”にしましょう。


シリーズ第2回目のお話はココ






そして、最終回の今日は・・・

🌸③太陽の位置を確認

太陽の光の当たり方で

写り方が格段に変わってくるのです。

一昔前、

カメラで子どもを撮る時は、

逆光は顔が暗くなるから

太陽の方へ子どもを

向かせて撮っていました。

結果、子どもなのに険しい顔。

太陽の方へ向かせての撮影は

あまりおススメしません。

下図の📸マークのポジションに

ママが立って撮影したとします。




👆これは、順光

子どもの正面から光が当たる。

あまり良い表情が作れませんね💦




👆これは、サイド光(写真左から)

子どもの顔に影がくっきり入り

かなり立体的に写ります。


↓これも、完全にサイド光

先日の場所で言うとこれは

写真右から夕陽が当たっていますね。


顔半分が暗くなり

少しもったいない気分でした💦

太陽を背にして走ってきてもらえば

良かったと少し反省(´. ॄ.`)









👆これは、逆光

子どもの背中から光が当たります。

子どもの輪郭部分が光って写ります。

小さいお子さんほど天使のように♡

遊んでいる子どもを撮る時

太陽の位置を確認するだけで

こんなにも印象が変わってきます。

子どもを無理に動かすのではなく

カメラママが最適な太陽位置に

動いてみましょう~♪

できれば、子どもと

他愛もない話をしながら・・・

【桜撮り編声掛け】

「どのお花が好き?大きい?」

「お空に飛行機雲見つかるかな?」