広い場所へ外出するならこのレンズ!!


の 三宅あかね です。

ママだからこそ出会える一瞬を

切り撮って飾ろう♪


飾った写真は子どもの心へ届く。

カメラは 「 育児 」 しながら


「 楽しい 」を叶えてくれる。



先日開催したセミナー

「運動会撮りのコツ」


運動会は延期となった学校が

多かったようですね。

でも、こちらのセミナー

運動会に特化した内容

というよりは、


動きの速い子どもを

ブレずに撮るためのコツ




実際に行った内容はというと


⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱


1.ブレを知る

 ブレの種類

  ブレの原因と解決法 


2.シャッタースピード

 シャッター幕の構造

 子どもの動きに合うシャッタースピード

  子どもの動きに合わせて捉える方法

  実技


3.フォーカスモード

 フォーカスとは

 ピントの合わせ方

 レンズの力を2倍にする方法

 実技


4.望遠レンズの特徴

 実はボケが作りやすい

 圧縮効果

 実技


5.屋外カメラ設定

 屋外で撮りやすくする方法


6.種目別撮り方

 かけっこ

 団体演技


⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱


👆教室スペースがある2Fから

望遠レンズを使っての実技。


望遠レンズでどこまで撮れるの?

もっとその先まで大きく

撮りたい時のカメラ機能

(全画素超解像ズーム)を

試してみたり。



👆望遠レンズの圧縮効果を

実技で確認✐。

この圧縮効果が子ども撮りで

すごく役に立つのです✨



圧縮効果はこの写真👆のように

桜の密度をギュッと圧縮して

写してくれるのです。

特にお花畑などではとても

活躍します!

圧縮効果といっても

特に設定を変えるわけでもなく

ただ望遠レンズを使うだけ。


望遠レンズが圧縮効果を

生み出しているのです。

しいて言うなら、

望遠側(ズーム)にすればするほど

その効果が強く出ます!



これは18~135の望遠レンズ

135mmまでズームして撮影しています。


兄と妹は自転車と狭い歩幅。

結構間が空いていますが、

写真では差ほど無いように感じます。

また、並木についても

木と木の感覚がギュッと

して見えます。



こんな風にズームレンズを

運動会などイベント事以外でも

楽しめるので、ぜひ

お持ちの方は遊んでみてくださいね♪


ということで、

子どもと少し広い場所へ外出するなら

広くも撮れるしズームも撮れる

幅広くカバーしてくれる万能レンズ

18~135mmの望遠レンズ

がおススメです!



今回の〝運動会撮りのコツ〟

とセミナー名は付けていますが、

中身は運動会以外で使える内容

で、特にちょろちょろ

動きのある子どもさんの場合

とても役に立つかと思います。


やっぱり、受けておきたい!

という方は、随時受付してます

ので、コチラから申込下さいね📸




野外カメラ教室


◆5/2(日)「シャボン玉×子ども撮り」


◆5/14(金)「運動会撮りレッスン」


◆6/14(月)「あじさい寺でウォークラリー×子ども撮り」


◆5/14(金)あじさい寺でウォークラリー×子ども撮り」




◆教室予約はコチラ https://www.mamacamera.store/request

◆週1回LINEで

教室案内・撮り方のコツ・ユーザーママさんのお写真

・私たちが撮った写真などを配信しています。


お友達追加は👇LINEボタンより


◆Instagramはコチラ>>

◆これまでのカメラ教室内容はコチラ>>