大人になったら渡したい『誕生日』の写真

子どもの誕生日を祝うその日は、


ママである私たちにとって感慨深い日

忙しい日常の中で、


子どもの成長を振り返る事は、

時には後悔するほど少ないです。

でも、この日だけは、


初めてこの子を抱いた瞬間を思い出す。

そんな特別な日のこの子を


後何枚残せるのだろう・・・

1年で1回、この子だけが主役の日。

その満足げな表情と満面の笑みを


収めておきたい。

いつか、誕生日「おめでとう」


と祝福する事を

誰かにバトンタッチする日まで。

そんなママの想いが深い“瞬間”の

最適な撮り方を私なりに


まとめてみました。

できる事からトライしてみて下さいね♪



①部屋の明るさ

全て照明をOFFにしてしまうと、


光量が足りずに、

子どもがブレてしまいやすいです。

ろうそくに似た電球色の照明を


補助光としてつけておくと、

雰囲気を壊すことなく自然な顔色で


撮影することができます

暗いシーンでの撮影にはちょっとした


補助光をプラスしてみましょう。




誰と一緒に撮る?



主役の子だけで撮るのは


もちろんほしい1枚です。

でも、あなたはこんなにも愛されて


いるという事を伝えることができる


のは、一人で撮るよりも生まれて


きてくれたことを祝ってくれる

兄弟、じいじ・ばあば、ママとパパと・・・

いつか大人になった我が子が


見返したとき、その1枚は


「心の支え」にもなるはずです。






③カメラの設定


👆ダイヤルを『A』に合わせます。

このモードはボケ具合を自分で設定できるので、

簡単に印象的な写真を撮ることができます。

👆のダイヤルでボケ度合いを調整します。




④明るさ設定


を押すと何やら数字が出てきます。

『ISO』の数字は機種によって様々ですが、

初めのうちは、AUTOがベストです!




⑤色合い調整

色合いを調整する方法にαでは

『ホワイトバランス』と


『クリエイティブスタイル』

の2種類があります。



『ホワイトバランス』は、

👇『Fnボタン』から


👇『WB』(ホワイトバランス)を


選択します。

お部屋の明かりが暖かい暖色系に


なっているので、太陽光や日陰は


更に暖色になってしまうので、

それ以外またはAUTOが


おススメです。







『クリエイティブスタイル』は、

あなた好みの画作りをサポート


してくれる機能。

なので、自分好みの色合いになった


ところで撮影してみましょう。







例えば・・・・


👆ポートレート




👆スタンダード




👆ビビット






⑥何にピントを合わせる?


思い出にのこるケーキであれば、


ケーキにぴんとを合わせても良い


かもしれませんね。

その際に、ピントの合っていない部分は


どれくらいのボケ具合にするのか?

その調整が👇ののダイヤルです。


ダイヤルを回すと、液晶画面に数字が


出てきます。

その数字が小さくなればなるほど、

ボカすことができて、

ピントの合っている部分はより引立ちます。




👆F1.8(ケーキにピント合わせ)





👆F1.8(子どもの顔にピント合わせ)




ここまで設定をしてみて、

ブレブレの写真になってしまう場合は

左手基準でカメラをしっかり支え、

シャッターボタンを押す時の力を


できるだけ弱くしてみましょう。

そして、ここまで設定ができた状態で


ケーキにろうそくは付けず、

できればキャンドルなどに火を灯して


予行練習してみるといいでしょう。

きっと、いつか子どもの心の支えとなってくれる

お守り写真が撮れますよ!






大人になったら渡したい 『誕生日』の写真のまとめ

①部屋の電気は電球色を1か所つける


②いつも支えてくれている人と一緒に

 撮ってみよう


③撮影モードはボケが調整できるAに


④写真の明るさ設定のISO調整はAUTO


⑤色合い設定は、「ホワイトバランス」と

 「クリエイティブスタイル」から


⑥ピント合わせを子どもとケーキ

 どっちのパターンも試してみよう





◆週1回ラインで


教室案内・撮り方のコツ・ユーザーママさんのお写真


・私たちが撮った写真などを配信しています。


↓↓↓こちらからお友達追加できます♪

◆Instagramはコチラ>>


◆これまでのカメラ教室内容はコチラ>>

  • Facebook
  • Instagram