ブレずに撮れる?手持ち花火写真

「ママと子どものためのカメラ教室」

の 三宅あかね です。


ママだからこそ出会える一瞬を

切り撮って飾ろう

飾った写真は子どもの心へ届く。


カメラは 「 育児 」 しながら

「 楽しい 」を叶えてくれる。


夏といえば〝花火〟


手持ち花火は、もうしましたか~?

手持ち花火って、 「撮れる気がしない!」

って、以前教室にいらした

ママさんがおっしゃってました。


確かに、お明るい時に撮るのと

同じように撮ると・・・



こんな風に ●写真全体がブレている ●色味がおかしい ●子どもの顔が見えない ●写真が傾いている


これだと、いい思い出も

残念ながらゴースト写真に(´;ω;`)


今日は、この中の問題点を

簡単な順番に解決していきますね。




①写真が傾いている

この問題は、どのシーンでも

押さえていて欲しい点です。

後から編集してしまえば

良さそうですがその場合四つ角が

トリミングされてしまうので、

もったいないのです。


先週もお伝えしたグリッドライン👇

ここでも役立ちます

sony(α6400の場合)では

MENU  

 ⇓

撮影設定2

 ⇓

グリッドライン

 ⇓

3分割を選択


このラインをどこかまっすぐな

ところに合わせることで

水平に撮る事が出来ます!


また、水準器をモニターに

出して、水平に撮る事も出来ます。

【DISP】を何度か押していくと

下図のように水準器が表示されます。

人間の脳は

水平に撮れていない写真を

見た時に違和感を覚えます。

そんなマイナス部分は

できるだけ省いておきましょう!






②子どもの顔が見えない


👆の写真は上から撮っているので

子どもの表情はよく見えません。

手持ち花火もできれば子どもの

目線になって撮ってあげましょう。

そうすると、子どもの表情も

良く撮れるうえに、花火自体の背景が

明るく照らされた地面ではなく

花火の光が届かない暗い背景に

なるので、花火がより引き立ちます。



③色味がおかしい

この場合の色の調整は、ホワイトバランスを

調整しましょう。

Fnボタン

 ⇓

ホワイトバランス

 ⇓

AWB電球 を選択

【電球】を選ぶことで、花火の

オレンジがかった色味を

青で打ち消してくれるので

一緒に写る子どもの顔色も

自然な肌色になるでしょう。




④写真全体がブレている

ココが一番の難関ですね💀

押さえるのは3つ!!


1.脇を占めてカメラ自体を絶対 

  ブラさない気持ちで構えるか 

  どこかにおける場所があれば 

  おいてシャッターを切るのも 

  おススメです。       

                

2.AモードにしてF値を最小  

                

3.ISOはAUTOかざらつきを

  感じない程度に上げていく。 


これが、うまく調整できれば

こんな風に👇正面から構えて

こんな写真も撮れちゃいます💛

火花が玉ボケになって良い感じ!

風があると煙が流れてもっと

花火が沢山玉ボケして撮れるでしょう。

 


最後に、花火って真っ暗になって

やるものという感覚ですが

真っ暗になる少し前、今だと

19:00くらいが、明暗差も少なく

撮りやすいです。


これからお盆休みもありますので

ぜひ少し腰を低くして

撮ってみてくださいね❣


。。。。。。。。。。。。。。

こんな時どう撮ったら?

って思ったら、いつでも

リクエストやメッセージ下さいね!

LINEのやり取りだけで

済む内容かもしれませんしね!


公式LINEよりメッセージ下さいね♡





◆教室予約はコチラ https://www.mamacamera.store/request

◆週1回LINEで

教室案内・撮り方のコツ・ユーザーママさんのお写真

・私たちが撮った写真などを配信しています。


お友達追加は👇LINEボタンより


◆Instagramはコチラ>>

◆これまでのカメラ教室内容はコチラ>>