たった15分で撮れるお花畑フォト🌸

「ママと子どものためのカメラ教室」

の 三宅あかね です。

ママだからこそ出会える一瞬を

切り撮って飾ろう♪

飾った写真は子どもの心へ届く。

カメラは 「 育児 」 しながら


「 楽しい 」を叶えてくれる。



暖かい日が多くなってきましたね☀

小学生組の子ども達は

新しいクラスメイトや先生に

ワクワクと少しばかりの緊張を

併せ持ってスタートした週でしたね。



🌸蓮華畑🌸

最近よく目にしませんか? たった30年前のこの時期の田んぼと

いえば、蓮華で冠や指輪を作ったり、

勝手に遊んでいましたね


最近は近所の田んぼでさえ、

持ち主さんが誰だかわからない・・・


そこで、ちょうど最高の蓮華畑で

草刈りをしていた方に

\突撃申請/

(👆路駐スマホ撮影:蓮華の密度高⤴)


聞いてみるもんですね(笑)

これが意外とすんなりOK!


誰にでも声をかけてみるって

スマホが進化した今となっては

貴重な能力✨

そんな母の背中を見せると思って

子どもの前で敢えて、

知らない人にいきなり声掛けしてみる

事も意外と子どもの中の

当たり前が覆されていいもんですよ♪



許可を頂きその日の17:30👇

✽レンズ:35mm単焦点

✽モード:A(Av)

✽ホワイトバランス:日陰

✽F値:2.8

✽太陽の位置:正面(逆光位置)




この中に子どもを

入れるとどうなるでしょう?






同じ設定で子どもに

「お空の飛行機雲ど~こだっ?」


の声掛け❣


子ども撮りで最も大事なのが

母と子の会話。


これが弾めば弾むほど、

どんどん良い表情になってきます♡



特に考えさせる声掛けがおススメ✨

○○どこかな?

どんな匂いかな?

花びら何枚かな?

お花はずっと咲いたままかな?

根っこはどうなってるかな?



頭をフル回転すると子どもは動きが

止まるのでシャッターチャンスが

増えるのです!


子どもの答えが間違っていても

そこはスルーしましょう!

一生懸命考えて出した答えを

否定されてしまうと、子どもは

考えることに喜びを

感じなくなってしまいます。




そんな声掛けで子どものテンションは

上がっていき、ママにカメラを

向けられることに対し“楽しい”

イメージが着くのです。


そうすることで、短時間でも

クルクル変わる可愛い表情を

捉えることができます。



撮影設定で大きく変えたのは

ホワイトバランスです。

日陰と太陽光の設定

2パターンで撮ってみました。


どっちの設定か

想像してみてくださいね!

(答え合わせをしたい方は

下の公式LINEアイコンTAP❣)



声掛け:

「この中で一番好きな蓮華を

持ってきて~」





声掛け:

「蓮華さんと一緒に

ごろ~んしてみる?」






声掛け:

「蓮華ってたくさん花びらあるね~

桜とどっちが多いかな?」






👇これは、ひたすら母が逃げます💨

そうしたら高い確率で追ってきます(笑)


声掛け:

「この中走れるかな~?」





これくらいの密度の蓮華畑だと

子どもの上から撮っても

蓮華と同じ高さで撮っても

お花畑感満載で撮れます!



ポイントは          

声掛けでテンション上げて   

ホワイトバランスを日陰と太陽光

を切り替えて撮ってみましょう!



イメージの違う2種類の写真に

新たな好みが生まれるかも♡


声掛けは年齢に応じてママが

考えてみてくださいね~



それでは、良い休日を♪




。.:*·゚ ✽.。.:*·゚ ✽.。.:*·゚ ✽.。.:*·゚

ママだからこそ

出会える一瞬

撮れる一枚

ポーズさせるんじゃなく

ありのままの姿を

切り撮ろう📷



春の野外カメラ教室

◆3/31(水)「イースター×子ども撮り」

桑山広場終了

◆4/4(日)「桜×子ども撮り」

常盤公園 満席

◆5/2(日)「シャボン玉×子ども撮り」

10:00満/13:00空あり/15:00残1



◆教室予約はコチラ https://www.mamacamera.store/request

◆週1回LINEで

教室案内・撮り方のコツ・ユーザーママさんのお写真

・私たちが撮った写真などを配信しています。


お友達追加は👇LINEボタンより


◆Instagramはコチラ>>

◆これまでのカメラ教室内容はコチラ>>